未経験歓迎の求人サイト一覧

利用者が選んだ未経験者向き求人サイトベスト3

リクルートが運営しているため信頼のおける求人サイト。スカウト機能、転職ノウハウなどのお役立ちコンテンツあり。

詳細を見る

地域密着型の求人サイトで中堅企業を多数載せています。地元の求人を探している方にお勧めです。


詳細を見る

首都圏企業に強い求人サイト。求人情報は20,000件。年間1万人以上の方を転職に成功されています。


詳細を見る

就職コラム・お勧め情報

anレギュラーは、長期のアルバイトから正社員を目指す方、派遣の仕事をしたい方などにおすすめの求人情報検索サイトです。

職種にこだわって仕事を探したり、働く場所や雇用形態の希望から簡単に仕事を検索することができます。自分に向いている職業を診断できたりなど、求人情報以外の仕事探しに役立つ情報も充実しています。

 

anレギュラーを利用するメリット

  • 日本各地の求人が簡単に検索できる。
  • チェックして保存したシゴト一覧の中から、最大5件までの求人情報に一括で応募できる。
  • パーフェクトお仕事図鑑から、自分が興味のある仕事を簡単に検索できる。
  • 適正・適職診断では、自分に向いている職業診断ができる。
  • 実際にその職業に就いている方の率直な感想が体験談で確認できる。
  • 求人情報探しから応募までの流れが簡単で分かりやすく、スピーディーに行える。

 

anレギュラーの利用方法

  • 求人情報を検索し、応募画面から直接企業に応募します。後日、企業側から選考方法などについての連絡があります。

 

求人情報へ応募するまでの所要時間

  • 約12分〜15分程度です。
  • 応募画面に必要事項を記入して送信すると、企業へ直接応募できる仕組みです。

 

anレギュラーの口コミ

  • 適正職業判断やしごと生声体験談など、これから仕事を探す上で参考になる情報がたくさんあるところがよかった。
  • 求人情報の検索の仕方がシンプルで簡単です。
  • ライフスタイルに合わせた仕事が楽に探せます。

 

派遣求人サイトランキング

リクナビ派遣

中堅から大手まで幅広く案件を紹介しており、毎日の新着情報がメールで受け取ることが可能


マイナビ派遣

OAスキル不要や、英語力不要、エルダー(40歳以上)で検索可能。スマートフォンでの検索閲覧もできます。

インディビジョン派遣

オフィス、営業、医療、ITの求人多く、求人探しに役立つイチオシのお仕事特集がある。



4位以下のランキングはこちら

アルバイト求人サイトランキング

マイナビバイト

アルバイト探しといえばダントツのNo.1は「マイナビバイト」。バイト探しの方ならほとんどマイナビバイトを利用しています。

タウンワーク

有名求人情報誌「ツンワーク」のWEB版です。なんといってもサイト自体がシンプルで使いやすいの特徴です。

バイトルドットコム

日本最大級!アルバイト・バイトの情報サイト 人気のバイトやパートが充実。時給別でバイトを探せる機能が超便利。


4位以下のランキングはこちら

転職サイトDODAとは?

 

 DODA(デューダ)とは、株式会社インテリジェンスが運営する、求人・転職の総合情報サイトです。一般的な営業職などから技術系専門職まで幅広い職種が掲載されており、公開・非公開合わせておよそ5万件もの求人情報が集められており、キャリアアップを目指す方にとっては必見と言えるサイトになっています。
 また、求人や転職などの情報掲載だけでなく、転職をバックアップする各種サービスも豊富に揃っていますので、インターネットで転職活動を進めるならDODA(デューダ)は外せませんね。

 

公式サイトはこちら

DODAを利用するメリットとは?

 DODAには沢山の情報が集められていますが、転職希望者にとって一番のメリットになるのは「非公開求人」の多さですね。秘匿性の高い求人や、ライバルの多い成長産業の企業によって利用される非公開求人は、インターネットでどのように探しても見つけることは出来ません。そうした価値の高い求人の情報が、DODAには沢山集められているんです。転職をお考えなら、もちろんキャリアアップや報酬アップをご希望ではないでしょうか。そうしたニーズに応えるために集められた非公開求人、これを閲覧できるのがDODAを利用する大きなメリットです。

 

 

DODAの特徴的な機能とは?

 DODAでは転職情報を集めるのに役立つ機能が沢山用意されていますが、なかでも特徴的なのは「DODAスカウトサービス」です。これは利用者が情報を探して回るのではなく、会員としてスキルや資格・職歴などを登録しておくと企業側からアプローチが得られるというものです。DODAには膨大な情報がありますから、くまなく探すのはとても時間が掛かるもの。このサービスなら時間も掛からず、希望する情報を見逃してしまう可能性もありません。

 

 

続きを読む≫ 2016/07/05 17:19:05

 転職活動をしていくと、企業の評判というものが気になると思います。それは人間として当たり前の心理状態ですが、ネガティブな情報に振り回されないようにしてください。本日はそんな情報の見分け方について書いていきたいと思います。

 

 インターネットで企業の名前を検索すると、大体の企業に「ブラック」という文字がついてきます。転職活動をしながらそのブラックという文字にいちいち反応していては、転職する先の企業はありません。よほど大きなグローバル企業等であれば良い事しか情報として出ていないケースもありますが、本当に低い確率です。であればどうすれば良いのか。転職を希望する会社に実際に足を運ぶということです。

 

 インターネットが普及した事でマイナスになっているポイントをあげるとすると、この足を使う事を忘れてきてしまっているという点です。インターネットはあくまでも情報を集めるためのツールです。現実に行われている事を確認するには、実際に体験する必要があります。会社に足を運んで、実際に人事担当者と会ってみて、可能であれば社内を見学させてもらって、さらに可能であれば実際に働いている人と話す場を設けてもらう事です。

 

 こんなことさせてくれるわけないと思う人もいますが、最近では採用する前にしっかりと包み隠さず社内の現状を伝える企業は増えています。何故かというと、企業側としては入社してすぐに辞められては困るからです。最近は転職というものが当たり前の働き方になっていますので、転職してすぐにイメージと違うからと辞めてしますケースがあります。

 

【人気ページ】
仕事探しを始めよう!20代応援サイト
仕事探しをしている20代の方必見!

 

 それは企業側にとってもリスクの何物でもありません。ですから、事前にある程度の情報を出してくれますし、希望をすればほとんどの事に対して対応してくれます。重要なのは、人生を左右するかもしれない転職活動を、インターネットの情報に振り回されてはいけないという事です。
大切な事にはしっかりと時間と体を使いましょう。

続きを読む≫ 2014/09/03 16:51:03

 学生の時には栄養学科に所属していました。就職難で栄養士の職場に就くことはできず、ケーキ屋さんに3年勤務していました。このまま働いてパティシエを目指そうと言う道もあったのですが、栄養士になって働いて将来は管理栄養士を目指そうと言う思いのほうが強く、転職を考えました。

続きを読む≫ 2013/12/27 16:34:27 コラム

 転職活動をするにあたって、自分のことを客観?的に見て色々とチェックをすることはとても大切ですね。姿勢が美しいか、身なりは整っているか、髪型はキチンとしているか、歯は白くて健康?的かなど、チェックするポイントはいくつもあります。

 50歳過ぎてからの転職は遅いと思っていませんか?30代、40代で転職を考える方はとても多いのですが、住宅ローンや教育費などの問題から自分のやりたい事よりも給料面を優先にする傾向があります。その点50歳を過ぎると自分の時間が持てる時期であり、そろそろ老後の人生プランについて考える時期でもあります。ITmediaエグゼクティブによると転職した方の平均年齢 は「50代前半」 と記載されており、まだまだ現役である50代の転職が目立っています。


私の転職活動について話したいと思います。
今まで製造系の一般企業で、3年ほど管理部として働いていました。
200人程度の中小企業だったので、総務・経理・人事と分け隔てなく、管理部全般の業務を行っていました。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:41:21 就職情報


 今から十数年前、私は都内の私立大学に通う学生でした。当然のことながら、就職のことがいやでも頭をよぎります。2年生の時に司法試験の予備校へ通学するため、満員電車に乗って都心へ出かける生活をしました。その時にネクタイ締めて毎日電車に乗る生活を30年以上も続けたくはないと思ったものです。そうです、私は典型的なモラトリアム人間でした。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:36:21 就職情報


 転職を真剣に考え始めた時、例えば「自分の得意な分野のスキルを他の企業で伸ばしたい」、「以前から望んでいた仕事のチャンスを掴みたい」というように、具体的にポジティブな動機があれば転職先のターゲットも絞りやすく、転職に成功する確率が高くなります。

 

 それとは逆に、「今までとは全く異なる分野の仕事をしてみたい」というただ漠然とした動機や、現在働いている仕事の内容、人間関係、環境への不満などが原因で転職を考えるネガティブな動機からくる発想の場合は、自分探しに陥りやすく、再就職をしてもまた同じような経験を繰り返してしまう傾向があります。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:32:21 就職情報


 就職活動に励んでいる人、またより良い環境を求めて転職活動を行っている人、就職するには必ず面接というものがあります。面接は誰もが初対面です。自分がどんな人物であるのかを示すもの、それは履歴書です。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:24:21 就職情報

 私が就職活動をしたのは後にも先にも1回だけ。大学3年・後期から、就職活動が始まりました。この時私はニートやフリーターとは無縁の話と思っていました。

 

 私が活動をした2007年は久しぶりの売り手市場と言われ、学生には有利に進むはずでした。しかしそんな世間の情報とは裏腹に、私の就職活動は一向に進みません。

続きを読む≫ 2013/09/09 11:05:09 就職情報