就職情報


私の転職活動について話したいと思います。
今まで製造系の一般企業で、3年ほど管理部として働いていました。
200人程度の中小企業だったので、総務・経理・人事と分け隔てなく、管理部全般の業務を行っていました。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:41:21


 今から十数年前、私は都内の私立大学に通う学生でした。当然のことながら、就職のことがいやでも頭をよぎります。2年生の時に司法試験の予備校へ通学するため、満員電車に乗って都心へ出かける生活をしました。その時にネクタイ締めて毎日電車に乗る生活を30年以上も続けたくはないと思ったものです。そうです、私は典型的なモラトリアム人間でした。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:36:21


 転職を真剣に考え始めた時、例えば「自分の得意な分野のスキルを他の企業で伸ばしたい」、「以前から望んでいた仕事のチャンスを掴みたい」というように、具体的にポジティブな動機があれば転職先のターゲットも絞りやすく、転職に成功する確率が高くなります。

 

 それとは逆に、「今までとは全く異なる分野の仕事をしてみたい」というただ漠然とした動機や、現在働いている仕事の内容、人間関係、環境への不満などが原因で転職を考えるネガティブな動機からくる発想の場合は、自分探しに陥りやすく、再就職をしてもまた同じような経験を繰り返してしまう傾向があります。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:32:21


 就職活動に励んでいる人、またより良い環境を求めて転職活動を行っている人、就職するには必ず面接というものがあります。面接は誰もが初対面です。自分がどんな人物であるのかを示すもの、それは履歴書です。

続きを読む≫ 2013/09/21 13:24:21

 私が就職活動をしたのは後にも先にも1回だけ。大学3年・後期から、就職活動が始まりました。この時私はニートやフリーターとは無縁の話と思っていました。

 

 私が活動をした2007年は久しぶりの売り手市場と言われ、学生には有利に進むはずでした。しかしそんな世間の情報とは裏腹に、私の就職活動は一向に進みません。

続きを読む≫ 2013/09/09 11:05:09