大学3年・後期から始めた就職活動

 私が就職活動をしたのは後にも先にも1回だけ。大学3年・後期から、就職活動が始まりました。この時私はニートやフリーターとは無縁の話と思っていました。

 

 私が活動をした2007年は久しぶりの売り手市場と言われ、学生には有利に進むはずでした。しかしそんな世間の情報とは裏腹に、私の就職活動は一向に進みません。

 1月から説明会や選考が始まりましたが、3月になっても面接にすら進めない状態が続いてだんだんとウツっぽくなってきます。そしてこのまま採用されずフリーターとなってしまうのではないかと思い始めました。

 

 進まなかった原因は2つ。一つは、職種を絞っていたこと。海外と関われる商社で、総合職を探していたので必然的に選択肢は狭まり競争率は上がります。もう一つは、我ながらアホなのですが、100円ショップで売っている履歴書を提出していたことだと思われます。記入欄が少なく、他の学生と比べると見劣りがするので先に進めないのも当然です…。4月になってようやく大学に就活専用の履歴書が売っていることを知り、大急ぎで買いに行きました。

 

参考ページ
フリーターの就職支援サイト
フリーターの就職に力を入れている就職情報案内の紹介です。未経験の業種にチャレンジしたい方にもおすすめです。
freeter-employment.net

 

 そこからは少しずつ面接に進めるようになりましたが、内定をもらったのは7月。一社から内定が決まった時点で、これ以上就職活動をしたくないという思いもあり即OKの返事をしました。就職活動で相当苦労した思いがあるので、むやみやたらに転職しようという気にはいまだになれません…。