紹介予定派遣を利用して、正社員へ


私の転職活動について話したいと思います。
今まで製造系の一般企業で、3年ほど管理部として働いていました。
200人程度の中小企業だったので、総務・経理・人事と分け隔てなく、管理部全般の業務を行っていました。

転職を決意したのは業績不振のボーナスカット、また業界の先細りを不安視してのことでした。
なるべく安定した大企業を希望していましたが、丁度景気が落ち込んだ頃で、なかなか良い求人がありません。

 

ハローワーク、ネット求人等さがしましたが、なかなかこれ、という求人がありませんでした。
今の条件より下がるようなもの多く、いいと思った求人も3桁の人数が
応募している等、なかなか内定を取れませんでした。

 

調べて行くうちに紹介予定派遣というものがあることを知りました。
派遣という働き方に抵抗があったのですが、聞いてみるとそんなにも悪くないようなのです。
普通の派遣と違い、最初の3か月〜6ヶ月は派遣という就業で、その派遣期間終了後、相互の同意により正社員になれるという、契約になります。

 

物は試し、と派遣会社に連絡をし、履歴書と職務経歴書を持ち、登録会に参加してきました。
面接カウンセラーは丁寧なもので、私の希望、この転職でなにを実現したいか、希望収入は、と丁寧にカウンセリングしてくれました。

 

その後、求人案件を紹介してくれましたが、それはハローワークやネット求人にはない、なかなか好条件の求人ばかりでした。
また、派遣会社を通すと、自分で必要書類を送る必要が無い為、事務的な手間はほとんど省かれます。

 

派遣といえども紹介予定派遣なので、書類選考・面接は正社員と同じような緊張感があります。
そして即日ではなく、実際の勤務日も待ってもらえます。

 

[お役立ちサイト]
40代未経験 転職
40代で初の転職活動…そんな転職未経験の方々に向けてさまざまな情報をまとめてご紹介。これで転活もばっちり!
xn--40-df3cu43gpryb8dgs4a31t.net

 

私はこれで、紹介予定派遣として採用され、そのまま本採用に至る事が出来ました。

 

紹介予定派遣のいいところは、最初はこちらも派遣として、会社の様子が見られる事です。
もし、どうしてもこの会社は違う、と思うならば、派遣として就業を終わる事が出来ます。
私はしませんでしたが、そういう人も一定数いるそうです。