新しい人生の始まり50代からの転職

 50歳過ぎてからの転職は遅いと思っていませんか?30代、40代で転職を考える方はとても多いのですが、住宅ローンや教育費などの問題から自分のやりたい事よりも給料面を優先にする傾向があります。その点50歳を過ぎると自分の時間が持てる時期であり、そろそろ老後の人生プランについて考える時期でもあります。ITmediaエグゼクティブによると転職した方の平均年齢 は「50代前半」 と記載されており、まだまだ現役である50代の転職が目立っています。

前向きな50代は印象が良い

 50代で転職するには、企業側のニーズと自分の今まで培ってきた経験をうまく活用して転職活動する事が大切です。ハローワークや求人サイトに50歳以上の求人はとても少ないのでは?と思われがちですが、50代は即戦力になることから50代・60代をターゲットにした求人サイトもあります。また、今まで関わってきた人脈から転職先を探す方や本当にやりたかった事を始める方もいます。ヘッドハンターの視点から見ても50代の方は転職に前向きで元気な方が多く、企業から見ても40代の方より50代の方のほうが印象は良いそうです。

 

攻めの50代はまだまだ活躍できる時代

 転職の際、外資系IT企業などは「実績さえ出せば年齢は関係ない」という企業が多いのが特徴です。今までの経験豊富な知識と余裕のある品格を求めている企業もあり、50代からの転職は遅いと諦める事はありません。複数の転職サイトに登録し、しっかりと自己アピールする事が大切です。