ネガティブな情報は気にしない

 転職活動をしていくと、企業の評判というものが気になると思います。それは人間として当たり前の心理状態ですが、ネガティブな情報に振り回されないようにしてください。本日はそんな情報の見分け方について書いていきたいと思います。

 

 インターネットで企業の名前を検索すると、大体の企業に「ブラック」という文字がついてきます。転職活動をしながらそのブラックという文字にいちいち反応していては、転職する先の企業はありません。よほど大きなグローバル企業等であれば良い事しか情報として出ていないケースもありますが、本当に低い確率です。であればどうすれば良いのか。転職を希望する会社に実際に足を運ぶということです。

 

 インターネットが普及した事でマイナスになっているポイントをあげるとすると、この足を使う事を忘れてきてしまっているという点です。インターネットはあくまでも情報を集めるためのツールです。現実に行われている事を確認するには、実際に体験する必要があります。会社に足を運んで、実際に人事担当者と会ってみて、可能であれば社内を見学させてもらって、さらに可能であれば実際に働いている人と話す場を設けてもらう事です。

 

 こんなことさせてくれるわけないと思う人もいますが、最近では採用する前にしっかりと包み隠さず社内の現状を伝える企業は増えています。何故かというと、企業側としては入社してすぐに辞められては困るからです。最近は転職というものが当たり前の働き方になっていますので、転職してすぐにイメージと違うからと辞めてしますケースがあります。

 

【人気ページ】
仕事探しを始めよう!20代応援サイト
仕事探しをしている20代の方必見!

 

 それは企業側にとってもリスクの何物でもありません。ですから、事前にある程度の情報を出してくれますし、希望をすればほとんどの事に対して対応してくれます。重要なのは、人生を左右するかもしれない転職活動を、インターネットの情報に振り回されてはいけないという事です。
大切な事にはしっかりと時間と体を使いましょう。